• このエントリーをはてなブックマークに追加

元本割れを避けたいなら・金融商品の元本保証と元本確保

資産運用の際に、利益をどうあげるかと同時に気になるのは「元本保証」と「元本確保」。「投資に関心はあるけど、リスクを背負いたくない」という堅実派であれば、この2点にこだわる人は多いでしょう。ところで、これらの言葉の違いを明確に識別できますか 
「元本保証」の金融商品は、運用結果によって元本割れが生じた場合でも取引先が損失部分の穴埋めをすることで、元本を保証するもの。すべての運用期間を通して、元本割れがないことを保証しています。実際のところ、元本が保証される商品というのは限られています。その代表が「預金」です。そして、「個人向け国債」。国家が崩壊しない限り、お金は守られています。普通預金より、金利も高く安全性にすぐれている点で注目されている商品のひとつです。
一方の「元本確保」は満期になった時点で元本が確保できるように設計された商品です。元本のうち9割を元本割れしないような預金や債券などで運用。この運用利益が満期時点で元本金額を確保できるようにしておき、残りの1割を外貨建ての商品や株式などで運用して、利益確保をめざすものです。
外国投信、商品ファンド、金銭信託には、「元本確保」タイプのものがあります。ただし、これらのものでも満期時に限り、最低限元本を払い戻せるような方針のもとで運用されています。そのため、中途解約を行った場合、元本割れの可能性もあることを知っておくようにしましょう。